ちょっとしたこと。

仕事で覚えたOfficeソフトのテクニックやTOEIC、仮想通貨、その他いろいろとちょっとしたことについて書いていきます。

Word、Excel、PowerPointで図形等の移動を細かくする方法

図形の移動

図形やテキストボックス等、位置を調整するときにマウスでドラッグして移動させると思いますが、なかなか思った位置に配置できないことがあるかと思います。

ただ、最近のバージョンではナビゲーションが効いて位置合わせがしやすくなっていますが、それ以外で微調整したい時もあります。

そんな時に知っておくと便利な技があります。

f:id:shisho28:20180407145634p:plain

位置の微調整

例えば、「Shift」を押しながらマウスで移動させると、水平もしくは垂直にしか動かなくなりますので、そういった移動をさせたい時に便利です。

f:id:shisho28:20180407145954p:plain

f:id:shisho28:20180407150007p:plain

また、間違えて「Ctrl」を押しながらマウスで移動させようとすると、これはコピーの機能ですので間違えないように!

f:id:shisho28:20180407150022p:plain

マウスで移動させて細かい移動をさせたい時には、「Alt」を押しながら移動させると細かく移動できるようになります。

f:id:shisho28:20180407150035p:plain

ただ、細かく移動させる際にはマウスだと神経使って結構疲れますので、キーボードの矢印キーを使う方法で調整した方が楽です。

キーボードの矢印キーを使うときは、移動させたい図形等を選択した状態で、「Ctrl」を押しながら上下左右の矢印キーで移動させます。

そうすると細かく移動できますので微調整しやすくなります。

f:id:shisho28:20180407150047p:plain

ExcelPowerPointでも同様にできます。

 

スポンサーリンク