ちょっとしたこと。

仕事で覚えたOfficeソフトのテクニックやTOEIC、仮想通貨、その他いろいろとちょっとしたことについて書いていきます。

Word、Excel、PowerPointで名前を付けて保存する場所を指定する方法

名前を付けて保存

名前を付けて保存はよく使うコマンドだと思います。

その保存先はドキュメント(Documents)フォルダがデフォルトになっていますが、最初に編集するファイルが保存されている場所から開くと、その場所が保存先のフォルダになります。

途中で1回でも名前を付けて保存すれば、その保存先にがその時はデフォルトになります。

今回は既定のデフォルトの保存先フォルダを変える方法です。

既定のフォルダを変更する

上部メニューの「ファイル」から「オプション」を選択します。

f:id:shisho28:20180407163028p:plain

その中の「保存」に、「規定のローカルファイルの保存場所」という項目がありますので、右端の「参照」から希望の保存先フォルダを指定することで変更することが可能です。

f:id:shisho28:20180407163045p:plain

 

スポンサーリンク