ちょっとしたこと。

仕事で覚えたOfficeソフトのテクニックやTOEIC、仮想通貨、その他いろいろとちょっとしたことについて書いていきます。

そんなに頑張らずにTOEICを430点から730点にアップさせる方法

TOEICのための必要最低限の勉強

 TOEICが受験でも、就職でも、また就職してからも必要な時代になってしまいました。

英語が不得意でも点数を取らないといけない...苦しいです。

私がTOEICを初めて受験したのは入社する前に会社で開催されたIPテストで、確か360点でした。英語は当然不得意で、当たり前の結果です。

そこから、ちょこちょこと勉強したりしていましたが、400点を超えるのがやっとでした(最高430点)。

それから何年か全く英語を勉強しなくなり、会社でもそんなにTOEICの点数を求めることはない時代でした。

そんなある日、世の中にTOEICブームがやってきて、もれなく私が在籍する会社でもTOEICが話題になり始め、昇格、昇給等にTOEICの点数が求められるようになってきました。

したがって、私も必然的にTOEICを勉強することになりましたが、とにかく楽に適当にTOEICの点数を上げられないかを調べました。調べた結果を元に自分にできる内容を再度考えて実行しました。その結果、私のTOEICの点数は430点から730点まで上げることに成功したのです。

スポンサーリンク

 

 ずぼらなTOEIC勉強法

ずぼらとはいっても必要な教材があります。それが次の3つです。

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 3

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

1駅1題 新TOEIC TEST文法特急

公式問題集はいくつかありますが、一番新しいものを使えばよいと思います。

勉強を始める前に、まずは公式問題集を解いて今の自分の実力を把握しましょう。公式問題集には2回分テストが入っていますので、その内1つを解いてみればOKです。

自分の実力を把握した後、その解いたテストのリスニングの音声を1つのファイルにつなげ、音声と音声の間の無音部分を短縮し、1.2倍程度にテンポアップさせます。テンポアップがスピードアップとは違い、音程を上げずにスピードを上げることです。

これができるソフトが「Audacity」です。

まずは、CDからリスニング音声を結合して無音部分を短縮化させます。

下記のサイトが参考になると思います。

英語学習CDの曲間の無音部分をカットして勉強効率をアップする方法 - TOEIC TOWN (トイックタウン)

また、テンポを変える方法は下記のサイトが参考になると思います。

macckey.com

こうして出来上がった1.2倍速のリスニング音声をスマホ等に入れて通勤、通学の時や時間のある時に聴きましょう。そうすると次第に耳がスピードに慣れてきて、本番のリスニング音声がとてもゆっくりに聞こえるようになります。

次に英単語ですが、いわゆる「金フレ」が鉄板です。これに掲載されている単語全てを覚えられれば言うことないですが、私も途中で嫌になってしまいましたので、全部覚える必要はないと思います。最初の600点レベルだけでよいと思います。

文法は文法特急がとても良い。とにかくこれを何回も繰り返し解きましょう。1回目はどの問題が間違えたのかをチェックします。その時、感で当たった問題もチェックしておきます。2回目は間違えた問題と感で当たった問題を解いていきます。3回目以降も同じです。最終的にはすべて間違えずに解けるようになったら終了です。

以上のことをダラダラとやっていただけで、430点から730点にスコアアップしました。

本当にこれだけやればよいの?

これだけでOKです。あとは解き方のテクニック的なことは必要です。例えばPart2の5W1Hを聞き逃さないとか、Part3、4の問題文先読みとか。そのような情報は下記サイトを参考にしてみてください。ネットで検索するといろんなサイトがありますので、ご自身でも調べて見てください。

mysuki.jp

english-innovations.com

toeic-benkyoho.com

 

寄付歓迎!励みになります。
Bitcoinアドレス
1NPXq6Pdz77eXS56Rgz8NnuE3bxp1vvfKq

Ethereumアドレス
0xE54c31Db5c8cF312b84d937eBE1e8184C62495F4

Monacoinアドレス
MK6YRhZvVYiQCrxeDwdX6WJ5ghzb7V76yy

 

スポンサーリンク