ちょっとしたこと。

仕事で覚えたOfficeソフトのテクニックやTOEIC、仮想通貨、その他いろいろとちょっとしたことについて書いていきます。

Powerpointで文字にマーカーをつける方法

Wordでは簡単にマーカーをつけられる

目立たせたい箇所や重要な箇所等、蛍光ペンでマーカーをつけたいことがあると思います。

Wordであれば、上部メニューにマーカーのアイコンがあるので、マーカーをつけたい範囲を選択した後にそのアイコンをクリックすれば簡単につけることができます。

 

f:id:shisho28:20180219191419p:plain

f:id:shisho28:20180219191432p:plain

それがPowerpointだと、Wordには存在したマーカーのアイコンがありません。

したがって、よくやる方法がマーカーをつけたい部分だけをテキストボックスで作成する方法です。テキストボックスを塗り潰すことであたかもマーカーをつけたような形にします。

スポンサーリンク

 

テキストボックスを使わずにPowerpointで文字にマーカーをつける

まず、Powerpointでマーカーをつけたい文章をコピーしてWordにペーストします。

次に、Word内でペーストした文章にマーカーをつけます。

そして、マーカーをつけた文章をコピーします。

f:id:shisho28:20180219191447p:plain

Wordでコピーした文章をPowerpointにペーストします。その際、「元の書式を保持」でペーストします。

すると、マーカーがついた文章がPowerpointに出現します。

f:id:shisho28:20180219191500p:plain

ペーストしたマーカーがついた文章は、通常のPowerpointで作成した文章と同じようにフォントや大きさをお好きなものに変えることが可能です。

f:id:shisho28:20180219191515p:plain

これでさらに効果的なプレゼンテーションができるようになりますね!

 

寄付歓迎!励みになります。
Bitcoinアドレス
1NPXq6Pdz77eXS56Rgz8NnuE3bxp1vvfKq

Ethereumアドレス
0xE54c31Db5c8cF312b84d937eBE1e8184C62495F4

Monacoinアドレス
MK6YRhZvVYiQCrxeDwdX6WJ5ghzb7V76yy

 

スポンサーリンク