ちょっとしたこと。

仕事で覚えたOfficeソフトのテクニックやTOEIC、仮想通貨、その他いろいろとちょっとしたことについて書いていきます。

Excelで日付表示に曜日も付ける方法

日付を入力すると

Excelで日付を入力するには、例えば5月1日と入力するには「5/1」と入力する方が多いと思います。

ただし、これでは曜日は入力されません。

曜日を付け加える方法を説明します。

f:id:shisho28:20180508203744p:plain

曜日も付けるには

まず、日付を入力したセルを選択します(行や列を一括選択してもOK)。

その状態で、上部メニューの「ホーム」-「セル」-「書式」-「セルの書式設定」を

選択します。

f:id:shisho28:20180508203759p:plain

すると、「セルの書式設定」の画面が出ますので、タブメニューの「表示形式」から「ユーザー定義」を選びます。

次に「種類」の箇所に次のように入力します。

yyyy"年"m"月"d"日"(aaa)

入力したら「OK」をクリックします。

f:id:shisho28:20180508203812p:plain

すると、下図のように曜日も追加された状態で表示されます。

f:id:shisho28:20180508203827p:plain

yyyy"年"m"月"d"日"(aaa)で、yyyyをyyにすると2018は18と表示されます。

また、(aaa)を(aaaa)とすると(月)が(月曜日)と表示されます。

 

スポンサーリンク